シムフリ! | SIMフリースマホと格安SIMで快適なスマホ環境を手に入れよう!

もっと安く、もっと自由に!格安スマホでライフスタイルを充実させていきましょう!

買い替えも検討したいSIMフリースマホ

SIMフリースマホが一般的になってきた背景にはMVNO、要するにモバイルバーチャルネットワークオペレーターの存在が1番です。ドコモやソフトバンクの通信回線を安く借りることで、消費者により安くサービスを提供するいわゆる格安スマホ会社がこれにあたります。

ではこの格安スマホ会社が提供するサービスには、通信回線だけではなくスマートフォンも必要になってきます。もちろん格安スマホ会社が提供するスマートフォンもありますが、それだけではなく通信キャリアで利用していたスマートフォンSIMカードの変更によって利用することも可能になります。

そして、SIMカードと言うのはスマートフォン情報カードになります。これまでの日本の通信キャリアの契約では携帯端末とSIMカードがセットでの契約になっていました。しかし、今はSIMカードの契約と端末の契約を切り分けて行うことができるようになっています。そこで重要なのがSIMフリースマホの存在です。

具体的な事例で考えてみましょう。例えばNTTドコモで利用していたスマートフォンを格安スマホ会社で利用したい場合にこれまでの仕組みにはNTTドコモに利用していたスマートフォンは利用できませんでした。しかし、スマートフォンの本体がSIMフリーに対応していれば、SIMカードの入れ替えを行うだけで新たな格安の会社でも利用できるようになります。
これがSIMフリースマホの仕組みです。

今までは大手通信キャリアが独占してきた仕組みでしたがこれからはSIMフリースマホの市場での比率が増えることによってどんどん変わってくると予想されます。

また、これまでのビジネススキームには携帯端末とSIMカードがセットの販売であったのが、SIMフリーに対応した端末であれば、様々な通信キャリアに利用できることもあって中古の端末販売が盛んになってきます。メーカーにとってはこれまでは2年ごとに新たな端末に買い換える文化があったところ、中古端末が流通を占めるようになってくると、需要が伸びないと言う懸念はあります。

しかしながら、消費者にとってはこの新たなスキームによって端末そのものの値段は好みに応じて選ぶことができますし、通信キャリアもそのサービスを見ながら柔軟に変更することができるので利便性は高まると思います。 すでに数多くの格安スマホ会社が乱立していますのでこれから淘汰が始まり優れたサービス内に残っていくはずです。