シムフリ! | SIMフリースマホと格安SIMで快適なスマホ環境を手に入れよう!

もっと安く、もっと自由に!格安スマホでライフスタイルを充実させていきましょう!

格安SIMとは?基本的なことをおさらい

f:id:syrupfresh:20170327154105j:plain

最近、格安SIMの宣伝を見ない日はないという程世の中に浸透してきています。 今の携帯料金よりも半額以上安くなる可能性があると聞くと誰でも一度は検討しようと思うのではないでしょうか。 しかしそもそも格安SIMって何? 取り扱ってる会社が多すぎてどこがいいのかわからないという方のために格安SIMについて基本的なことを記していきたいと思います。

まず格安SIMを調べ始めると最初に見かけるのはMVNOという単語だと思います。 これはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業)の略であり自社の回線を持たずにドコモやauの回線を借りて回線を提供している事業所のことをいいます。有名な会社だと「UQモバイル」や「楽天モバイル」などもMVNOです。

次にそもそも格安SIMという言葉のSIMって何?と思う方も多いと思います。 SIMとはスマホタブレットの中に入っている小さなICチップのことを指します。 SIMカードには電話番号と対応した自分のIDが組み込まれていて個人の契約情報が記録されているため自分の携帯であることの証明といえます。SIMカードを通信端末に入れることで契約した通信会社との通信ができるという仕組みになっています。スマホタブレットを使う上で必ず必要になってきます。

ではどの端末でもどの会社のSIMカードを使えるのかというと、そうではありません。 端末によってはSIMロックといって特定のSIMカードしか対応していない機種もあります。

格安SIMにするならばSIMフリースマホを選ばなければなりません。 SIMフリースマホとはSIMカードを自由に入れ換えて使える状態の端末のことで、この端末であればどこの会社のSIMカードでも使えることが出来ます。 なので今使っている端末のまま乗り換えを考えている場合は自分のスマホSIMフリースマホであるかを調べておくとよいでしょう。

次にいよいよ格安SIMの会社選びですが、どこの会社も最初の選択肢はデータ通信専用のSIMか音声通話付きかというプランの選択です。 平たくいうと電話しますか?しませんか?ということです。

料金で見るともちろんデータ通信専用のプランの方が安いです。

電話はSNSなどの無料通話で済ませるからインターネットに繋がればいいという人はデータ通信専用プランで十分です。 電話も結構するという人は会社によって無料通話の内容が様々なので最終判断の材料としてもしっかり調べた方がいいと思います。

格安SIMを選ぶ時は自分がスマホに何を求めているかを一番に考えてそれぞれの会社のプランを検討した方がいいと思います。

速度やアフターフォローなどキャリアに劣る点はまだまだありますが、今の料金から半額以上安くなると考えると我慢できる点もたくさんあると思います。 今のスマホ料金が高いと感じている人は、一度乗り換えを検討してみる価値はあると思います。

ホントに格安になるの?分かりやすいMVNO・格安SIMのススメ

格安SIMや格安スマホ会社について、皆さんが気になるような情報についてまとめてみました。僕は最初この用語すらわからなかったので…(゚´Д`゚)
これから格安スマホを始めようと思っている人は参考にしてみてください。

MVNOって何?

近頃、よく目にする「MVNO」という言葉。
MVNOって何?という方でも、サッカーの本田選手が出演する楽天モバイルのCMや、ピンク・レディーのUFOという曲にのせたUQmobileのCMを見たことがあるという方は多いんじゃないでしょうか。
この楽天モバイルやUQmobileといった会社が、「MVNO」。スマホを使う上で重要なインターネットサービスなどを提供している会社です。
毎日、スマホを使って何をしていますか?
最近は電話よりも、ネットをしたり動画を見たり、インスタをチェックしたり……というほうが多いですよね。
何をするにも、スマホを使う以上は「インターネットを使う」ことが大前提。
そのために最近の携帯電話会社では、データ通信サービスを重視して様々なサービスを展開しています。

ドコモやauソフトバンクと何が違うの?

いわゆる「普通の」携帯電話会社である、ドコモ・auソフトバンク。「3大キャリア」と呼ばれることもあります。
これらとMVNOの違いって何なんでしょう?
それは、「自分の会社で回線を持っているか・いないか」です。
ドコモなどの3大キャリアは、自社で回線を持っています。基地局などを作り、日本全国にネットワークを張り巡らせています。そのおかげで、ネットワークがある場所なら電話をしたり、ネットを使ったりできるわけです。
MVNOと呼ばれる会社は、この回線を自社で持っていません。
ではなぜ、インターネットサービスを提供できるのか?
MVNOは、他の会社から回線を「借りて」いるのです。
大半のMVNOは、ドコモから回線を借りています。つまり自社では回線を持っていません。
回線を借りているだけのMVNOは、回線のメンテナンスなどに手間や費用をかける必要がありません。だから、安くネットワークを使えるのです。

SIMって何?

MVNOと並んで、「格安SIM」とか「SIMフリー」という言葉も見かけますよね。
格安って気になるなーと思う方もいると思います。
この「SIM」って何なんでしょうか?
SIMというのは「SIMカード」のことで、スマホタブレットに入っている小さなICカードのことです。
このICカードにはID番号が記録されていて、この番号と電話番号を結びつけることでネットが使えるようになっています。
皆さんのスマホにも絶対に入っていますが、「そんなもの見たことないよー」という方も多いかもしれません。
カードといっても、人差し指の先に乗るくらい小さくて薄いものなんです。
ですが、ネットを使うにはなくてはならない、とても重要なものです。

SIMフリーって何?

では、そのSIMが「フリー」というのはどういうことなんでしょう。
SIMカードは、スマホに入れて使うものです。ドコモのスマホも、auも、ソフトバンクもです。
たとえば、ドコモのスマホを使っているとします。ドコモで買ったスマホに、ドコモのSIMカードが入っていて、ドコモのネットワークを使って電話やネットができます。
実はこのとき、ドコモのスマホ本体には、ドコモのSIMしか使えないように制限がかけられています。これを「SIMロック」といいます。
この制限を解除しない限り、ドコモ以外のSIMを使うことはできません。
SIMロックを解除した状態のスマホが、「SIMフリースマホ」です。ロックが解除された状態であれば、いろんな会社のSIMカードが使えます。
SIMフリースマホに、MVNOが提供するSIMカードを入れてネットを使う。これが「格安」の理由です。

データ通信専用と音声通信って何?

さて、実際に格安SIMに乗り換えよう!となったときには、SIMカードの種類を選ぶことになります。
「データ通信専用」か「音声通話付き」かの2種類です。
どちらがいいかは、利用スタイルによります。
データ通信専用のSIMカードは、文字通りデータ通信しか使えません。
じゃあ電話ができないの?というと、実はそうでもないんです。
LINEやIP電話などの「データ通信を使って通話ができる」サービスを使えば、データ通信専用SIMでも電話ができます。
スマホで使うのはネットや動画ばかり、通話はLINEの友達ぐらいとしかしない、かかってきた電話を取ることのほうが多い……そういう方は、データ通信専用SIMで大丈夫です。
逆に、ネットが使えなくなると通話もできなくなるので、その点では注意が必要です。

音声通話付きのSIMは、電話回線を使っての通話ができます。
080や090から始まる電話番号をもらえるので、仕事などで電話をかけることが多い人はこちらのほうがいいでしょう。
また110番や119番といった緊急通報の番号にかけられることも、意外なメリットです。
最近では5分以内の通話なら何度でもかけ放題といったサービスも出てきています。
自分に最適なプランを選んで、最適な料金で使える。これが、MVNOを使う最大のメリットです。